世界のだれもが、より安く、より快適に本当に自由なインターネットを手にするために!!

2017年は、仮想通貨ICOが非常に盛り上りをみせ、
仮想通貨バブルと言われる年となりました。
2018年は更に仮想通貨ICOが飛躍し、
世界の皆様に定着してくるようなそんな気配も感じます。

それでは、今回は、昨年2017年12月1日より
トークンセールを開始した、
世界中で注目されている
MOOVERについて迫りたいと思います。

より安く、より快適に、インターネットを手にする

MOOVERは、世界中の誰もが、より安く、より快適に、
本当に自由なインターネットを手にするためのプロジェクトです。

具体的には、
契約している通信キャリアの垣根を越えて、
全てのモバイルユーザーと余ったモバイル通信をシェアすることが
できるできるプロトコルです。

要は、契約しているモバイル通信データのうち、
余ったモバイルデータを個人間で自由に売買することができるという
すごく便利で次世代にあった画期的なプロジェクトであります。

月の終わりに今月は結構容量が残ったのでもったいないって
思う方もいれば、
毎月全く足りずに途中で購入する方もいると思います。
そんな方々の為のプロジェクトであることは間違いないですね。
余った通信データを売る事ができ、
足りなくなった方は、通常よりも安く購入できるとなると
安心して利用することができます。

Mooverの詳細は ⇒ こちら

 

世界の情報格差を埋める夢のプロジェクト!!

ただ、今回のMOOVERのプロジェクトは、
そんな小さなものではないんです。

実は、世界にはスマホを持っていてもインターネットが繋がらない国や
データが高くて契約ができない方々が沢山いるのです。
特にアフリカや低開発国の方々は、
コストの高さであきらめる事しかできないのです。

今の時代は情報をいかに早く手に入れる事ができるのかが
非常に大切な時代です。

世界全ての方々が簡単に情報を手に入れることができれば、
より世界が安全で平和になることも間違いありません。

そう言った意味で、
この仮想通貨ICOである
MOOVERのは世界的に注目を集めています。
特に技術的な基盤もしっかりしているので
市場に拡大する事は確かです。
財政的な基盤がICOで獲得できる時代に突入したと言えますね。

コントリビューション

仮想通貨ICOプロジェクトの多くは、
資金調達の事を、
クラウドセールやICOといった言い方をしますが、
今回のこのMOOVERでは、
コントリビューションという表現を使用しています。
コントリビューションとは、
日本語で「貢献」という意味となります。

表現からも期待されていることが分かりますよね。
世界の情報格差をなくし世界をよりよくする事ができる、
MOOVERの今後が非常に楽しみですね。

Mooverの詳細は ⇒ こちら

コントリビューションのスケジュール

フェーズ1 2017年12月1日 スタート 2,500万USD到達後24時間継続 (最大14日間)

フェーズ2 2018年2月1日 スタート  1,500万USD到達後12時間継続 (最大14日間)

フェーズ3 2018年4月1日  スタート  1,000万USD到達後即時終了 (最大14日間)

Mooverの詳細は ⇒ こちら

※ICOへの参加はホワイトペーパーを熟読し自己責任でお願いいたします。