仮想通貨 or 暗号通貨??

仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれていますが、実際に価値があり売買されていますので、既に仮想ではなくなっています。世界的には暗号通貨と呼ばれていますが、日本で最初に紹介されたときに「仮想通貨」と訳され、それが広まっているのでまだまだ、日本では「仮想通貨」と呼ばれているのが一般的です。

デジタル通貨

仮想(暗号)通貨は暗号化されたデジタル通貨です。デジタル通貨なので紙幣と違って目に見えません、それが仮想通貨と呼ばれる所以でしょう。デジタル通貨のため落としてしまうことはありませんし、ウォレットと呼ばれるお財布をスマホにダウンロードしておけば、いくらでもかさばらずに持ち歩けます。現在、仮想通貨と呼ばれるものは5,000以上あると言われていますが、その中でも圧倒的な存在感があるのがBITCOINと呼ばれる仮想通貨です。

安全なウォレット作り方

 

BITCOINの発明者は日本人??

 BITOCOINの歴史は2008年にSatoshi Nakamotoと名乗る人の論文が発表されたことから始まります。この論文はビットコインにはなくてはならないP2P 電子通貨システム(ブロックチェーン)について書かれたものです。その後、その論文をもとに開発されたのがビットコインです。

でも、なぜかSatoshiNakamotoさんは名乗り出ていないので謎の人です。

 

BITCOINは怪しい

こう思ってる日本人は多いと思います。なぜかと言うと日本でビットコインが大々的に扱われたのはマウントゴックス社の事件の時だからです。私も覚えています。ちょっと怪しい外国人が謝罪会見を開いていました。あれを見て、怪しい=BITCOINとインプットされてしまった人がたくさんいたと思います。

全くの誤解です。まず、マウントゴックスはBITCOINを扱う取引所です。マウントゴックスは初めはビットコインををハッキングにより盗まれてしまい顧客に返還できないと言っていたのですが、実はそれは嘘で自分で使ってしまっていたのです。いわゆるノミ行為を行っていたようです。お客さんからお金を預かりBITCOINの注文を受けた時に、お金だけもらってBITCOINに両替せずに使ってしまっていたようです。

あの事件があってBITCOINが危ないと言うことになってしまったんですが、ひとつの取引所が悪さをしただけのことです。どこかの両替所が悪さしたからと言っても、ドルが怪しいってことにはならないですよね・・・

 

金融革命

日本に住んでいるとビットコインの便利さがよく分からないと思います。それは日本の銀行システムが優れているからです。銀行の営業時間内に振込みをすればすぐに着金しますし、振込み手数料も諸外国に比べると安いです。

でも、海外に目を向けると違います。振込みをしても着金までに数日かかったり、振込み手数料もかなり高いです。私も海外に送金したことがありますが手数料が高くてビックリしました。

また、海外の途上国では銀行口座すら持っていない人もたくさんいます。ところが、そんな国でもスマホはみんな持っています。スマホひとつで簡単に送金ができるビットコインは非常に便利なんです。世界中どこにでもすぐに送金ができます、それも手数料がほとんどかかりません。

銀行を介さずに個人間で送金ができる、こんな便利なことはありません。これは金融革命と言っても大げさではありません。もう既に大企業でもBITCOINを導入していますし、近い将来Amazonでも使えるようになると言われています。

 

管理された通貨

通貨には管理者がいます。日本円なら日本銀行が、米ドルはFRBが管理をしています。それぞれの国の政策などによって紙幣の流通量を調整しています。

最悪な場合は預金封鎖と言って、国民の資産を凍結させ税金をかけて国の財政破綻を回避することができます。2013年3月16日、キプロスにおいて預金への課税処置のため預金封鎖されたことが記憶に新しいと思いますが、そうなると個人ではもうどうにもなりません。

日本には関係ないことと思われる方も多いと思いますが、日本でも1944年に国債の発行がGDPの2倍に達し償還ができなくなり預金封鎖が実施されました。今の日本の現状は皆さんもよくご存知の通り、世界一の借金を抱えています。その金額は平成26年度末で約780兆円の見込みです。これは税収の約16年分、GDP比2倍を超えています。借金の状況だけを見ると預金封鎖なんてことも全く関係ないとまでは言えない状況です。

 

 

自由な通貨

一方でBITCOINは発行者も管理者もいません。管理者がいないと言うことはやりたい放題で、不安と思ってしまうかもしれませんが、「ブロックチェーン」と呼ばれる台帳にすべての取引記録が記載されしっかりと管理されています。

このブロックチェーンと呼ばれる台帳に記載をしていく人をマイニングと呼んでいます。マイニングは対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められ、膨大な計算を行いみんなで共有する1つの大きな取引台帳(ブロックチェーン)に記録をしています。

この記録作業を成功させた人には報酬として新規に発行されたBITCOINを受け取ることができます。マイニングの作業によりBITCOINの取引が健全に保たれているのです。

仮想(暗号)通貨の今後

仮想通貨(暗号)通貨は今後益々広がっていくでしょう。なんと言っても便利です。時間に縛られることもなく、極めて安い手数料で世界中に送金ができる。これが広まらない理由はありません。

銀行の口座を持っている人は世界の人口の約20%と言われています。ところがそんな人たちもスマホは持っているのです。そう、もう銀行口座を開設する必要はないんです。スマホさえあれば個人が世界中に送金ができて、世界中からお金を受け取ることができるのです。

需要はうなぎ登りに上がっていくでしょう。それにつれて価格も間違いなく上昇すると思われます。しかし、全ての仮想(暗号)通貨が上がるわけではありません。現在公開されている仮想(暗号)通貨は700~800と言われておりますが、このほとんどは消えていくと思います。そんなにたくさん種類がいるとは思えません。

 

 

ブロックチェーンは第1世代の1.0と第2世代の2.0に分けられます。1.0と2.0の違いはもちろん2.0の方が新しいのですが、機能面で分かりやすく言うと、1.0は決済の機能しか持っていません。今までの通貨と一緒です。2.0の方は決済機能+付加機能を持っています。例えばホテルの予約時にコインを送金すると部屋の鍵が自動で送られてくると言った感じです。こういう機能を持ったいろいろな通貨も開発されています。

1.0はの代表はなんと言ってもBITCOINです。仮想(暗号)通貨の米ドル以上の圧倒的な取引量を誇っています。技術的にはBITCOIN以上の仮想(暗号)通貨も出ていますが、ここまでBITCOINが広がっているので今後もBITCOINを超える仮想(暗号)通貨は当分でないと思います。

とすれば価格はうなぎのぼり上がっていくでしょう!!実はBITCOINは価格が上がるように最初からプログラムされているのです。どういうことかと言うとBITCOINは約10分おきに新しく発生する仕組みになっているのですが、この新規に発行される量を減らしているのです。そして2140年までに2100万BITCOINが発行されてそれ以上は発行されません。

数に限りがあるのです。だから価値が高まるのです。そう、GOLDのように。

まぁ、2140年ごろにはさすがにBITCOINが使われているかは分かりませんが・・・

少なくともこれから5年程度はBITCOINの価値が下がることはないと見ています。