どうやって始めるか??

最近、仮想通貨ってよく耳にするけど、どうやって始めたらいいのか分からないと言う人も多いと思いますので、今日は初心者にも分かりやすく解説していきます。

まずはよくある質問ですが、「仮想通貨暗号通貨って一緒ですか?」ってことですが、これは一緒です。

仮想通貨??暗号通貨??

仮想通貨と呼んでるのは日本だけです。世界的にはcrypto currencyと呼ばれていますから、暗号通貨と呼ばれています。仮想通貨だとvirtual currencyになってしまうので、外国人には通じないでしょう。

日本では2017年4月1日から施行されている改正資金決済法でも「仮想通貨」と呼んでいますので法的には「仮想通貨」が正式です。

 

仮想(暗号)通貨は自己責任

まぁ、前置きはこれくらいにして、まずは口座開設からしてみましょう。

でも、その前にひとつ理解しておいた方がいいことがあります。

それは、仮想(暗号)通貨に関しては基本的に全て自己責任だということです。

送金先を間違えると戻ってこない

どいうことかと言うと、仮想(暗号)通貨は取引所で買うのが一般的ですが、買ってそのまま取引所に置いておく人も多いのですが、万が一取引所がハッキングされ、あなたの預けておいた仮想通貨がなくなっても取引所は責任を取ってくれませんし、また、間違って送金してしまったら基本戻ってきません

サービス向上が期待される!!

これが基本的な考え方ですが、仮想(暗号)通貨の広がりに伴って、最近は取引所によっては保険をかけたり対策を始めているようです。取引所ごとに対応が違いますので、もし気になる方は取引所に直接問い合わせてください。また、今後、どんどん取引所も増えてくるので競争原理が働き、サービスは向上していくと思います。

やっぱり自己責任

ただし、基本的には自己責任だと思っておいた方がいいです。ですから、長期間取引所に置きっ放しは辞めた方がいいと思いますし、また、パスワードを強固にして、2段階認証は必ずかけておいてください。

送金はアドレスに送る

仮想通貨の送金は34桁のアルファベットと数字からなるアドレスに送金します。

このアドレスはひとつのウォレットで簡単に無数に作ることができます。新しいアドレスを作っても古いアドレスが使えなくなるわけではありませんので安心してください。

バックアップが重要

よくパスワードが分からなくなってしまったり、2段階認証のバックアップを取り忘れたりといったことがありますが、これも自己責任なのでしっかりやっておきましょう。

パスワードは後で分からなくならないようにしておく、2段階認証はQRコードをプリントアウトするかUSBに保管しておく。パソコンに保管すると、万が一パソコンが故障した時や盗まれたときに困りますので、やめましょう。

口座を開設しよう!!

前置きが長くなりましたが、口座開設の解説をします。

初めて口座を開設するなら、日本国内の取引所がいいです。

お勧めは

bitFliyer 日本最大手

Zaif チャートなどが使いやすい

coincheck ビットコイン以外のたくさんの仮想通貨を取り扱っている

 

日本の取引所はどこも登録した住所へ書留が送付され、それを受けっとって初めて認証が終わり取引ができるようになります。

また、初めての入金から特定の期間(1週間程度)は出金ができないなど、マネーロンダリングの観点から規制がある取引所もあります。

現在はどの取引所も忙しくようで、サポートが追い付いていません。問合せしても無視されることも多いです。内容によって仕分けしているのかもしれませんが・・・

若干敷居は高いですが、仮想通貨の取引に慣れたら色々な通貨を扱いっている海外の取引所にも開設してみてください。 

POLONIEX 取り扱い通貨が多い 

Kraken サイトが日本語で分かりやす・日本円での入金が可能・取り扱い通貨が多い

海外の取引所はサポートに関してはあまり期待しない方がいいです。

Walletを作ろう

口座開設の申請が出来たら個人認証が終わるまでしばらく時間がかかりますので、この期間にウォレットを作成しておきましょう。

ウォレットは仮想(暗号)通貨を保管するお財布です。

これはどの仮想(暗号)通貨にも対応している訳ではありません。最近はマルチウォレットといって複数の仮想(暗号)通貨を保管できるものもでていますが、全ての仮想(暗号)通貨に対応しているわけではありません。その内全てに対応するものが出てくるかもしれませんが・・・

取りあえずはBITCOINウォレットを作りましょう。

ここで問題になるのが、どのウォレットを作るかということですが、ウォレットにはいくつか種類があります。

ウォレットのセキュリティについてはこちらこちらを参考にしてください。

webウォレット 

web上にあるウォレットで一番便利で気軽に利用できます。ただし、このウォレットはweb上にあるので常にハッキングの危険性が伴います。その分パスワードを強固にしたり2段階認証・メール認証などでセキュリティを強化する必要があるので、ログインする時に結構面倒です。

BlockchainWallet 世界で一番利用されているWebWallet 

ダウンロードウォレット

こちらのウォレットはパソコンやスマホにダウンロードして使えるので、webwalletに比べると安全です。ただし、基本全てが自己管理になりますのでパスワードを忘れたり、キーワードを忘れるとWalletが使えなくなります。COINが入っていた場合は失うことになります。

Bitpay 使い勝手もよくセキュリティにも優れているのお勧めです。万が一スマホやパソコンを紛失した時のために必ず送金パスワードを設定しておいてください。

Bitpayの作成の仕方は ⇒ こちら と こちら 日本語対応になっていたり若干デザインは変わっているかもしれませんが、やり方は変わっていないと思いますので参考にしてください。

マルチシグウォレット

Bitpayは上記の参考ページにも記載してありますが、マルチシグウォレットを作成することができます。マルチシグは色々な使い方ができるのですが、例えばウォレットから送金する際にパソコンで送金操作をした後に、スマホで認証しないと送金ができないというような使い方ができます。こうしておけば万が一、スマホを落として送金パスワードをかけ忘れていてもパソコンで認証しなければ支払いができません。かなりセキュリティレベルは上がりますが、その分送金する際には面倒です。基本的には送金パスワードさえかけていればスマホを落としても送金はできません。

ウォレットは一度ダウンロードすれば、その中にたくさん作れますので、私は長期保管用にひとつマルチシグウォレットを作っています。

ハードウエアウォレット・ペーパーウォレット

こちらは長期保管用のウォレットです。インターネットに接続されないオフラインで保管ができるのでセキュリティ上は優れています。ただし、使い勝手が悪いので今のところ私は使っていません。

※BitpayもBlockchainもビットコイン専用ですので他のコインを送ってはいけません。

コインを買ってみよう!!

口座に日本円を入金

まずは、新しく解説した口座に日本円を入金しましょう。

入金の方法は、銀行振り込み・オンラインバンクでのクイック入金・コンビニ入金などがあります。

また、入金しなくてもクレジットカードで購入もできますがレートが悪かったり、購入後一定期間は出金が出来なかい場合(COINCHECKなど)もありますのでお勧めはしませんが、すぐに買いたい時にはいいかもしれません。

もちろんビットコインを持っている人は、ビットコインを入金することもできます。

ビットコインを買ってみよう!!

別にどのコインを買ってもいいのですが、まずはビットコインでいいと思います。

ただし、ビットコインを買うのなら8/1に実施されると言われているUASFが落ち着いてからがいいと思います。UASFについては ⇒ こちら

ビットコイン以外を持ちたい方はcoincheckで口座開設するのがいいです。

コインは価格変動が大きい

仮想(暗号)通貨は法定通貨に比べると、まだまだ小さなマーケットです。

全ての仮想(暗号)通貨の時価総額でも11兆円程度と言われています。

ビットコイン・イーサリアム・リップルの3つで9兆円を超えています。詳細は ⇒ こちら

ですから値動きの幅がかなりあります。上がる時は一気に上がって、下がる時は一気に下がって下がりきるとまた上がっていく・・・そんな感じです。

とは言っても、今までは右肩上がりだったので、多少高値で掴んでも暫く待ていればもっと上りました。まぁ、これは全く私の私見なんですが、少なくとも今後も2~3年はこの状態が続くのではないかと思っています。

今後の仮想(暗号)通貨のマーケットは楽観論・悲観論、いろいろありますが、私は楽観論の方です。楽観論者のアナリストの中には3年後には1ビットコイン1,000万円になると言っている人もいます。

私はそこまでは??

って感じですが100万円はいきそうだと思っています。

仮想(暗号)通貨は当然投資ですから、ご判断は自己責任でお願いします。

下がったところを狙って買いを入れてみよう!!

そうは言っても、なるべく安く買った方がいいので値動きを見ながら下がった時に買いましょう。

ビットコインは指値を入れることができますので、ずっとチャートとにらめっこしなくてもターゲットの金額が決まったら指値注文を入れておきましょう。

あまり神経質になると買えませんので、まずは少しだけ試しに買ってみてもいいでしょう。

重要なのは一辺に買わずに数回に分けて買うことだと思います。

買った後にもっと下がるというケースは良くありますので、2~3回ぐらいに分けて買うことをお勧めします。

ウォレットに送金

ビットコインを買ったら自分のウォレットに送金してみましょう!!

 

初めは試しに小額だけ送金してみましょう。

受け取るウォレットのアドレスをコピーして、取引所で出金先アドレスに登録し金額を指定し出金申請をしましょう。手数料は高めに設定した方が早く着きます。

仮想(暗号)通貨の扱いは最初は戸惑うこともありますが、慣れてしまえば大変便利なことに気が付くはずです。

 

ビットコインを購入するよりも気軽にお得に手に入れる方法 ⇒ こちら