5/15 19:00~ プライベートセール始まる

最近巷で噂になっている、ICO オーキッドが結構気になってたので調べてみました。

Orchid は有名投資ファンドやイーサリアムの元CTOが関与していることで、かなり注目度の高いICOです。

ただし、ICOとはいっても公式には広く一般投資家に販売することはしません。

厳密に言うと、ICOではなくプライベートセールです。

プライベートセール??って感じですが・・・

まずは公式のセールではありません。

既に大口投資家などへのセールが終わっているので、大口投資家が購入した分を転売するのだと思います。

プライベートセール側からの情報によりますと、

・セコイア・キャピタル
・アンドリーセン・ホロヴィッツ
・DFJ(ディーエフジェイ)
という世界3大VCが揃って資金を投入した

この3大VCは
Apple、Google、Yahoo、Facebook、Twitter、Instagram、Skype etc…

などにも投資をしてきたそうです。

イーサリアムの創業者も参画

それから、ICOの成功にはどういった人がかかわったかということも非常に重要になります。

オーキッドには、あのイーサリアムの共同創業者、キャビンウッド博士が参画するそうです。

ただし、参画とはいっても単なるアドバイザーなのでどこまで関わるのかは不明です。

アドバイザーの場合、お金だけもらって「名義貸し」みたいなことも良くありますから。

まぁ、仮に名義だけだとしても「キャビンウッド博士」位になるとかなり凄いとは思いますが・・・

オーキッドのホワイトペーパー

誰が投資したか??誰がプロジェクトのメンバーか??なども非常に重要ですが、それ以上にプロジェクトがどうか??ということが一番重要になります。

売り方はちょっと怪しいのですが、プロジェクトの内容としては抜群に凄い!!感じがします。

オーキッドは日本人への販売を念頭に置いていないので、残念ながらホワイトペーペーは全て英語のため詳細は分かりませんが、51ページもあってかなりそれらしく見えます。

オーキッドのホームページ ⇒ こちら

オーキッドのプロジェクト内容

非中央集権(分散型)で自由なインターネット空間の構築を目指しています。

どういうことかと言えば、有名な話では中国ではフェースブックなどの利用は制限されていますし、また、「天安門事件」などのキーワードは検索ができなくなっています。

また、反対に個人がどんなサイトにアクセスしていて、どんな情報を取得しているかなどもその気になれば調べられます。

要するに今のネット空間は中央集権体制で管理されていると言うことです。

違う言い方をすれば、オーキッドが目指すのは匿名性の高いインターネット網の構築です。

買うか?見送りか?? 結論

オーキッド自体はかなり期待のできるプロジェクトだと思いますので、トークンは購入したいのですが、今回はちょっと見送って上場後に購入をしたいと思います。

その理由は、

  1. メールとLINEで情報が配信されていて、発信元が「ORCHIDプライベートトークンセール事務局」になっていますが、住所の記載がないので実態が分からない。
  2. 支払いをしてトークンを送ってくれる保証がない。
  3. 事前に大口で購入したトークンを転売するのでしょうが、いくらふかっけられるのか分からない。20%乗せる程度なら良心的であるが、2倍・5倍と言うこともあり得る。(元値が分からないので判断が難しい)