世界で最初に作られた、寄付活動に透明性と確実性をもたせたプロジェクト

FountainConnectの概要

新たな仮想通貨ICOである

FountainConnectが始まることが公表されました。

 

今回は、この仮想通貨ICOであるFountainConnectについて紹介していきたいと思います。

それでは、まずはこのFountainConnectがどのような役割を果たすために誕生したのか

を見ていきたいと思います。

FountainConnectは、寄付活動に透明性と確実性を

もたらせるために作られた世界で初めての企業である

と記されています。

要は、寄付をしてもそのお金がどこでどのように使用

されているのかが分からない現状から、より明確に

しっかりと見える形として提供していく次世代の新たな

プロジェクトです。

寄付を取り巻く現状を変える!!

簡単に説明すると、

寄付活動が不正なくきちんと寄付が行われるような世界を作っていくという目標を持たれて

いるようです。

未だ発展途上である寄付活動の世界に透明性と無駄をなくすという点で本当に必要な所に

必要なだけ支援活動を行っていける素晴らしいプロジェクトだと思います。

Fountain Connectの詳細は ⇒ こちら

Fountain Connect の技術基盤

さて、それではこのFountainConnectがどのような技術を取り入れ、透明性と確実性を実現

したのかを探りたいと思います。

まず、FountainConnectはDAG技術を取り入れています。

有名なビットコインなどの技術基盤がブロックチェーンですが、そのブロックチェーンに変わる

新技術として注目されているのがDAG技術です。

有名な仮想通貨のIOTAでも使われている技術で、何よりも大きな特徴としては、送金手数料が

必要なくなるという点です。

多くの飢餓や医療問題が大きく前進

これまで寄付活動を行う際は、手数料を別で支払ったり、手数料が引かれるなどされていた

寄付活動ですが、このDAG技術を取り入れることで、無駄となっていた寄付をする際の

手数料がなくなり、全てを寄付できるようになったのです。

なんと、手数料で消えていく寄付額は年間約8億ドルにも上るのです。

この8億ドルを有効に使えば多くの飢餓や医療問題を前進させることができるのです。

Fountain Connectの詳細は ⇒ こちら

 

 中心的役割を果たす仕組み「Layla」

また、FountainConnectはLaylaというプラットフォームを使用しています。

Laylaは、エスクローウォレットで透明性の高い資金管理を実現し、人口知能loが寄付の使用や

成果を常に監視します。

そういった意味でも不正のないプロジェクトに支援が行き届く仕組みを創りあげ実現させたのです。

なぜ仮想通貨の発行なのか??

寄付金の透明性を明確にするといった企業がどうして、仮想通貨を発行する必要があるのか

気になる方もいると思いますが、本当に貧しい他国などに寄付金を送金しようとしても

高額な国際手数料が邪魔をしてしまうのです。

そこで目を向けたのが仮想通貨。

そして、より透明性と確実性の実現を果たしたのが今回開始を発表された、次世代の寄付活動を

行う事ができるFountainConnectであり、その今後の広がりに世界中から注目を浴びています。

ICOのスケジュール

スケジュールは以下の通りです。

事前登録開始 2018年1月12日 日本時間 17:00 スタート

ステージ1   2018年1月15日 日本時間 17:00 スタート

ステージ2  2018年3月1日 

ステージ2  2018年4月15日

※スケジュールは変更になる場合がありますので、ご注意ください。

Fountain Connectの詳細は ⇒ こちら

※ICOへのご参加はホワイトペーパーを熟読の上、自己責任にてお願いします。