Bitmain社がイーサリアムのASICを開発

ASICとはマイニングに特化したチップです、現在ビットコインマイニングは全てASICで行われています。

一方でイーサリアムはGPUマイニングで行われています。

ASICとGPUの違いは??

マイニング効率はASICが圧倒的ですが、ASICは高額のため一部の資金力のあるマイナーしか導入ができません。

これはビットコインの現状を見れば分かります。

以前はビットコインもGPUマイニングができましたが、ASICが導入されてからはGPUではマイニングできません。

ASICの何が問題なのか??

ASICを導入するとGPUの約2.5倍効率よくマイニングができるため、事実上GPUではマイニングができなくなってしまいます。

そうすると今のマイナーたちはASICを導入するか、撤退することになります。

資金力があればASICを導入できますが、資金力のないマイナーたちは撤退せざるを得なくなります。

それにより、寡占化が進みます。

Bitmain社への集権化が大きな問題

更に、ASICはBitmain社が約70%のシェアを持っているために、Bitmain社の影響力が大きくなってしまいます。

極端な話、自分の息のかかった者にしか売らないなんてこともできてしまいます。

実はイーサリアムのコミュニティが一番恐れているのは、ビットコインのようにBitmain社の影響力が大きくなりすぎることです。

EIP958と言うイーサリアム改良提案

そこでEIP958と言うイーサリアム改良提案が提案されました。

この案はASICを導入させないように、ハードフォークを行うべきとの提案で、先日実施された投票では57%の賛同を得ています。

ヴィタリックは反対

これに異を唱えているのがイーサリアムの考案者のヴィタリック・ブテリンです。

ヴィタリックの考えは、ハードフォクを実施するよりも従来の計画通りCasper(POSへの移行)を進めるべきとのことです。

※POSとはプルーフオブステークの略で、コインの保有量に応じてマイニング報酬を受け取れる仕組みのことで、POSに移行すればマシーンの能力は関係なくなるので、ASICの意味を持たなくなります。

現在のイーサリアムはPOWと言ってビットコインと同じ仕組みで、マシーンの演算能力が報酬の受け取りに大きく影響します。

REGAINに期待

POWはセキュリティが高いなど優れた仕組みだと思いますが、ASICのような問題が他の通貨でも起こっています。

震源はいつもBitmain社です。

これを解決するためにもREGAINのようなプロジェクトは大成功してほしものです。

Bitmain社の寡占化がこれ以上進まないように、皆で応援しましょう!!