ブロックチェーンってなに??

仮想通貨(暗号通貨)が話題に上ることが多くなり、「ブロックチェーン」という言葉も耳にすることも多くなったのではないでしょうか?

でも、「ブロックチェーン」がなんなのか、分かっている人はあまりいなく、中には「ブロックチェーン」ってウォレットのことだと思っている人もいるのではないでしょうか?

あれもちょっと紛らわしいですね。

あのウォレットも確かにブロックェチェーンinfoが出しているので、皆ブロックチェーンと呼んでいますから・・・

話はそれますが何も考えずにブロックチェーンウォレットを作るのはやめた方がいいです。

結構、危ないです!!

まぁ、今日はそのことは細かく触れませんが・・・ 詳細はこちら 

公開分散型暗号台帳

話を元に戻しますと、ブロックチェーンはを直訳すると「連なったかたまり」でしょうか?

これでは意味分かりませんね・・・

では、意訳してみましょう・・・

意訳すると「公開分散型暗号台帳」となります。

これでぐっと分かりやすくなりましたね・・・

そうです、公開されていてガラス張りで、集中管理ではなくP2P方式で分散管理をされ、暗号化された台帳がブロックチェーンです。

別にビットコインのためだけにあるものではありません。

ビットコインはブロックチェーンがないと機能しませんが、ブロックチェーンは仮想通貨(暗号通貨)だけに関わらず他のものにもいろいろと応用ができます。

実際、世界の名だたる企業が独自のブロックチェーンの研究・開発を始めています。

ブロックチェーンの役割とは?

ブロックチェーンの特性を、ここでもう一度おさらいをしておきましょう。

「公開分散型暗号台帳」ですから、鏡張りで誰でも確認できて、集中管理ではないので改ざんができない暗号化された台帳です。

ということは、特性を一言で言うと「信頼」とか「安全」とか「公正」になります。

こう言った技術を何に応用できるかと考えると・・・

いろいろ出てきますね!!

例えば「宝くじ」これって改ざんとか不正とかがあると嫌ですよね・・・

実はこれはもう開発されています。

その他ギャンブルなんかも同じようなもので、特にオンラインカジノなんかも目には見えないだけにブロックチェーンの特性とベストマッチですね・・・

これも開発されています。

それから、選挙・不動産仲介や台帳ですので不動産登記や法人登記、登記所なんていらないですね。

また、改ざんが効かないんですから会社の財務諸表などもブロックチェーンを使用すれば、投資家にとっては安心ですね。

その内上場するためにはブロックチェーンを導入していないと上場できない、なんてことになるかもしれませんね。

その他、給料の支払いや残業代の支払い、社員の出退勤管理など全てブロックチェーンを利用したら便利で間違いなく効率的になると思います。

特に従業員の考課表などはブロックチェーンを使うと継続性も担保できますし、自動執行機能を使えば公正で公平な上司の私的判断を排除した評価ができます。

ちょっと考えただけでもどんどん出てきます。

これからはブロックチェーン2.0

ブロックチェーンは進化しています。

Satoshi Nakamotoを名乗る方の論文からブロックチェーン技術が開発され、ビットコインとともに世に広まってきましたが、ブロックチェーンは更に進化した2.0と呼ばれるバージョンアップ版がこれからの主流になっていきます。

この2.0はイーサリアムで使われている技術ですが、これが凄いです。

スマートコントラクトと呼ばれる契約自動執行機能を備えています。

「契約自動執行」ってよく分かりませんが、ある一定の条件を満たすと契約が執行されることです。

一番イメージしやすいのは街角にたくさん置いてある、自動販売機です。

あれが契約自動執行ですね・・・

ある一定の条件を満たす ⇒ 小銭を入れてほしい商品のボタンを押す ⇒ 契約自動執行 ⇒ 商品が出てくる

そうです、この作業を全てブロックチェーン上でやるのです。

新しいブロックチェーン技術が続々と!!

現在、このブロックチェーン2.0の技術を使った色々な技術が開発されています。

例えばホテルの予約を取り料金を支払ったら、予約期間のチェックインの時間からチェックアウトの時間まで使える鍵のトークンが送られてくるとか・・・

便利ですよね、鍵の受け渡しがいらなくなります。

この鍵の受け渡しが結構負担になっているようです。

ホテルでも人件費がかかりますし、もっと苦労しているのはエアーB&Bです。

あれは殆どが現地に人がいませんから。

もちろんこれにはトークンに対応した電気錠が必要になりますけど、人件費に比べれば安いものです。

また、投資の分野でもブロックチェーンの技術が応用されようとしています。

出資した金額に対して、こうこうこういった条件が満たされたら○○%の配当を出します。

このような契約をすれば自動的にブロックチェーン上で契約の自動執行、すなわち配当の支払いが執行されます。

これって、投資家にとっては凄く安心ですよね。

あらかじめプログラムしておくわけですから。

出資金を持ち逃げしちゃうとか配当金が支払われないとか、そんなことは一切なくなりますから・・・

ビットコインが決済をブロックチェーンが社会を大きく変えます!!

今まさに革命が起きようとしています。

ビットコインによる通貨革命と、ブロックチェーンによるシステム革命が。

ビットコインが発明されたことによって、スマホさえあれば誰でも世界中に瞬時に銀行システムに頼ることなく送金ができるようになりました。

仮想(暗号)通貨の中でダントツの地位を築いているビットコインはスケーラビリティなどの問題もありますが、今後も暗号通貨のキーカレンシーであることは間違いないでしょう。

一方でブロックチェーン技術は2.0の出現により、今までの決済のみの機能から契約自動執行機能へと大きく飛躍し、現行の社会システムを根底から覆す存在となるでしょう。

先程も記載しましたが、まず登記所なんてものは必要なくなるでしょうし、仲介業、真っ先に思い浮かぶのは不動産仲介業ですね。

契約自動執行になるのなら不動産仲介業は必要なくなってしまいますね。わざわざ手数料を払う必要がなくなりますから。

ドバイ政府では2020年までに政府の全ての書類をブロックチェーン化するそうです。

凄いですね!!

だって公開型で鏡張りですよ・・・

日本では絶対にありえないでしょうけど。

だって、「書類は処分してしまってありません」て言えなくなってしまいますから(笑)

まぁ、とにかくブロックチェーンの技術は社会を大きく変ます。

それによってもっともっと便利で快適な社会になることを期待しています!!