Bitcoin Cashの誕生

2017年8月1日 21時20分(日本時間)にビットコインがハードフォークするのは確実になったようです。

ハードフォークと言うと、いろいろ心配される方がいるかもしれませんが、今回のハードフォークはどうやら安全に行われそうです。

新しい通貨「Bitcoin Cash」を立ち上げるようです。

既にホームページも立ち上げフォークの具体的な日時も示しているので、確実に実行されると思います。

以前より開発者グループと意見の合わなかったマイナーグループの実質的トップ、BitmainのJihan氏が主導しているものと思われます。(Jihan氏の主導ではありませんでした 詳細はこちら

 

Bitcoin Cashのホームページはこちら

Jihan氏??がビットコインから出て行く感じでしょうか??

開発者グループからは鼻つまみ者のように思われていたと思いますので(私見ですが)、これですっきりするのではないでしょうか・・・

UAHF

UASF(ユーザー・アクティベート・ソフトフォーク)を発表した後に、Jihan氏が言っていた「それなら、UAHFをやる」と言っていたのが、このBitcoin Cashのことだったんでしょうか・・・

でも、Jihanさん「あなたはユーザーじゃないじゃないですか」って、つこっみを入れたくなりますが・・・

ご存知の方も多いと思いますが、Jihan氏はコンピューター機器メーカーBitmain社の代表で、最大のハッシュパワーを持つマイニング、AntPoolのオーナーでもありますので、どう考えてもユーザーではありません。

私も最近知ったのですが、もう一つの有力マイナーのBTC.comのオーナーでもあるようです。

とにかくマイニング業界のトップです。

Bitcoin Cashとはどんなコインか??

従来のビットコインのブロックサイズは1MBでしたが、Bitcoin Cashはなんと8MBと8倍になります。

これによって処理能力が格段に上がると思います。

ホームページには秒単位で送金ができ、数分で取引が完了するというようなことが書いてあります。

また、既存のビットコインのチェーンとは安全に分割されるとも書いてあります。

これは「Bitcoin Unlimited」の時にあまりにも強引に進めようとして、「従来のビットコインのチェーンに混乱をきたすようなコインは扱わない」と総スカンを食らったことからの反省でしょうか??

一番重要なのはビットコインユーザーを混乱させない、ということだと思いますのでその点では問題ないようです。

今持っているビットコインはどうなるの??

これが一番気になるところだと思いますが、分割前のビットコインを3BTC持っていた場合は、3BTC + 3Bitcoin Cashになるということです。(これが基本だと思いますが、これは取引所によっては対応が違う場合もありますので確認してください。)

以前は分裂の前に「取引所から自分のウォレットに引き出し他方がいいです」と書きましたが、最近の日本の大手取引所の動きならば消費者保護の観点が進んでいますので、そのままでもいいかもしれません。(その辺は自己判断でお願いします)

その代わり、29日から一定期間は動かせなくなりますが・・・

まぁ、これは自分のウォレットに入れている場合でも、騒動が落ち着くまでは動かさない方がいいので、一緒ですね。

ただし、海外の取引所はまだまだ自己責任と言うところが多そうなので、自己管理の方がベターだと思います。

従来のビットコインはどうなる??

Bitcoin Cashがフォークしたからと言って、BTCのスケーラビリティ問題※が解決するわけではありませんので8/1には多分Segwit2xが実施されるのではないでしょうか・・・

※スケーラビリティ問題=BTCの取引量増大に伴う送金遅延問題  詳しくは ⇒ こちら

 

今までの流れ

スケーラビリティ問題の解決のため、開発者グループがSegwit(※BIP141)を提案。(※BIPはBitcoin Improvement Proposalsの略で技術的な改善提案書に分かりやすいように番号を振ったものです。)

Segwitは簡単に言うと、取引データが増えすぎてブロックに入りきらなくなったのだから、記録するデータを小さくすればいいという案です。

それに対してAntPoolを始めとする一部のマイナーグループが反対。

ユーザーグループがUASFのBIP148を提案。BIP148について詳しくは ⇒ こちら

妥協案としてバリーシルバート氏からSegwit2xが提案された。

Segwit2xは上記のSegwitを実施したその後に、ブロックも1MBから2MBにしようという案です。

このSegwit2xはSegwitに反対するマイナーグループと妥協するために、出てきた案です。

8/1に何が起きるか??

Bitcoin Cashと言う新しいコインが生まれるのは確定的ですが、従来のBTCはどうなるのか??

上記ではSegwit2xが実施されると記載しましたが、実施されない可能性も出てきたように思います。

今までの動きでは、Segwit2xが88%以上の賛同を受けているので、この案が有力だったのですが、Segwitに反対していマイナーグループのドン的存在ののAntPoolがBTCから抜けることになれば、もともとのSegwitでの95%以上の賛同を目指すかもしれません・・・

Segwit2xは開発者グループが賛同してないので、技術的に弱いと言われています。

事実、先日もバグが発生したとのことで騒がれていました。

今後のBTCのことを考えると開発者グループの協力は不可欠だと思いますので、Segwit(BIP141)で収まってくれた方がBTCにとってはいいことだと思います。

前倒しでBIP91がLOCKED IN!!

8/1に前倒しして7/21の昼頃にBIP91がロックインされましたので、この部分を追記しています。(まだ、アクティベートはされていない)

 

これによって、取引所の対応も変わっています。

ビットコインの送受金を7/23から規制するようです。

BIP91はSegwitのシグナルを出していないブロック(bits1)以外は無効とします。

このままいけば、7/23の19:00頃にアクティベートされます。

その時以降、従来のSegwitで掘っていないコインはフォークしてしまいます。

このフォークはBitcoin Cashがフォークすることとは違い、混乱を招くフォークになりますのでホッと胸をなでおろしていた取引所も慌てて対応を迫られた形になります。

マイナーたち、特に中国連合が混乱を起こさないようにすることを願っています。

今回の8/1問題(結局早まりましたが)を乗り切った後は、11月中旬~下旬に予定されているSegwit2xの2MB(ブロックの容量を1MB⇒2MBに変更)対応がまだ、残っています。

マイナーたちがどう動くか??

これからのBTCがどうなるのか??

これはマイナーたちがどう動くかにかかっています。

分かりやすく言うと、マイナーたちがどっちのコインをマイニングするか??です・・・

最大のハッシュパワーを持つAntPoolとBTC.comはJihan氏の配下なので抜けることが予想されます。

それと既にBitcoin Cash支持を表明している、ViaBTCも抜けることになります。

この3社のハッシュパワーを合計すると33.4%ですから、1/3以上のハッシュパワーをBTCは失う訳です。

この他にもBitcoin Cashに追随する動きが出れば、BTCとしてはかなりの痛手です。

コインの価値は何で決まる??

コインの価値はもちろんマーケットが決めます。

マーケットがどう判断するかで決まってくるわけですが、その判断の要因のひとつにどれだけ多くのマイナーたちがマイニングを行うかと言うことも入ってきます。

多くのマイナーたちがしのぎを削ってマインイングすることによって、コインの信頼性が保たれていた訳です。

力のあるマイナーが抜けることによってどうなるのか??

残ったマイナー達が頑張ってくれることに期待するしかありません。

中央集権でないコイン

一方で今回の分裂によっていいこともあります。

一部の巨大マイナーたちの出現によって中央集権化が心配されていたのですが、それは回避されることになります。

これによってビットコインの開発精神でもある、「誰にも管理されない自由なお金」という最大の魅力は確保されることになるでしょう。

逆にBitcoin Cashはどう考えても、Jihan氏の中央集権によるコインになってしまいます。

それをマーケットがどう判断するか??

今後注目されることになるでしょう・・・